2006年02月21日

信ぴょう性立証は困難?

信ぴょう性立証は困難 民主、口座追及に力点 -共同通信

個人的には、口座情報があるというならばまず出すべきだと思う。なんだか、別に自民党が好きだとかそういうわけでもないし、民主党が嫌いだとかいう事もないのだけれどもどうも民主党の言っている事は理解できません。多くの人がそうなのではないのかと感じるのですがどうなんでしょうか?
真偽が疑わしいメールのコピーを元に疑惑があるということで、国政調査権の発動ができるという事になるのならば、もしも悪意を持った人がいたならばいくらでも国政調査権を発動できると言う事にならないのでしょうか?と疑問に思ってしまいます。
それから、前原代表も野田国対委員長もあれだけの事を言ってしまったんだから、もしメールの真偽を実証できないのであれば、やはりなんらかの責任を取るべきではないでしょうか?
個人的には残念に思う部分もあるのですけれども。。。


posted by samaras at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 注目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13560645

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。