2006年02月23日

民主・永田議員がメール問題で辞意

民主・永田議員がメール問題で辞意-読売新聞

ということだそうなんですが、まだ正式な会見などは行われていないんですよね?中止になったのかな?
なんだか、昨年末の耐震偽装の追及で株を上げたように感じたのですが、この対応でなんだかやはり民主党も頼りにならないのかな?という気分になってきます。

「資金提供は疑い強い」 民主・前原代表-共同通信
メールの真偽がこのような状態で、疑いが強いといっても説得力がないということに気づかないのでしょうか? もともとメールを元に追及し始めたのですから、メールが偽物ということならば、当然その先のことも追及できるとは思えません。
逆にもし資金提供が事実だったとしたら、余計な事をしてくれたという事になるのではないでしょうか?

posted by samaras at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 注目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13659317

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。