2006年03月27日

喚問回避で懲罰委に意見書=西澤氏代理人、今夕に記者会見

喚問回避で懲罰委に意見書=西澤氏代理人、今夕に記者会見-時事通信

根本的には、西澤氏の代理人ではなく本人が記者会見して本当の事を話せば良いと思う。永田氏がメール情報の仲介者としていることについて「事実無根」とするならば、自身が出てきて説明すればいいのではないでしょうか?
そうすれば、喚問の意義も薄れて必要がなくなるのでは?
事実無根だと言っているだけでは、なんの説得力もない様に思います。
posted by samaras at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 注目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。