2006年05月31日

社保庁長官にファクス、岐阜の事務所課長がノルマ批判

社保庁長官にファクス、岐阜の事務所課長がノルマ批判-読売新聞
これを読んでいると、全て長官が悪いと言わんばかりの内容に感じるのだが、本当にそうなのだろうか?ノルマと言うけれども、今までやりたい放題にやってきた事が単に一気に帰ってきたからキツイと感じるだけなのでは?保険を納めている人間からすれば、社会保険庁を解体して全員解雇してもらいたいと思うくらいなのですが、どうも彼らは国民がどう感じているかという事に考えがおよばないのかな?と読んでいて感じました。
posted by samaras at 08:28| Comment(1) | TrackBack(2) | 注目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
記事、読ませていただきました。社会保険庁の内部抗争は何だかな〜と思ってしまいますよね。
よろしければ、ボクの記事も読んでいただけると嬉しいです。
Posted by hoddy at 2006年05月31日 10:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18635090

この記事へのトラックバック

もとから断つなら、社会保険庁ごと!
Excerpt: 社会保険庁って、一体どんな組織なのだろうか? 呆れ返って何も言えない。 保養施設の粗製濫造!二束三文で市町村に譲渡し、中には譲り受けた市町村に対して住民訴訟も起こされている。 もう、年金の原資を無駄な..
Weblog: くまさんの自立
Tracked: 2006-05-31 09:41

年金問題を考える
Excerpt: 社会保険庁の不適正手続きが話題になっていますね。お粗末な手続きには言葉がありませんけど、それ以上にテレビでも、新聞でも、キチンとこの問題を解説できている文章に出会えないことが・・・残念でなりません。要..
Weblog: 考える葦のブログ
Tracked: 2006-05-31 10:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。