2006年09月09日

姫路市職員が酒気帯び運転、夫婦はねられ夫が重体

姫路市職員が酒気帯び運転、夫婦はねられ夫が重体-読売新聞
しかしなぜこういう事が再び起こるんだろう?福岡での事件が起きたばかりだというのに。自分は大丈夫だと思っていたのだろうか?それとも、これくらいの量は自分にとっては大した量ではないとでも思っているのだろうか?
当然の事なんだけど、被害者はもとより自分自身の人生も自分の家族も不幸にしてしまう。飲んでからはないかも知れないが、飲む前にそういう想像力は働かないんだろうか?まあ、働かないからこういう事故が起こってしまうんだろうけども。

posted by samaras at 12:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 注目ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23488968

この記事へのトラックバック

姫路市職員飲酒事故。再発防止にバス通勤を
Excerpt:  姫路駅前。前方に世界遺産姫路城 メディアでも全国的に報道された、姫路市 職員の飲酒事故。この事故にはさまざまな問題が含まれます。 同僚に「代行運転で帰る」 姫路市職員..
Weblog: ひめナビブログ since 2004.2
Tracked: 2006-09-12 00:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。